Skype Blogs

News, stories, and updates from Skype

Share

Share

Skypeから固定電話・携帯電話に格安で通話ができるSkype Outをマスターしよう! その3 ~日本国内の通話について

前回は、Skypeを使って国際電話がどれほど節約できるかをご覧頂きましたが、今回はSkypeを使うことで日本国内の通話も節約できるということをご案内いたします。

前回のエントリーはこちら

日本国内の通話料金は、Skypeクレジットの場合は、
プラン 発信先が日本の固定電話 発信先が日本の携帯電話
Skypeクレジット 3.22円/分 17.5円/分

月額プランの場合は、発信先が固定電話のみか固定電話と携帯電話の両方かで以下のようになります。

月額プラン 固定電話のみ 固定電話と携帯電話
日本 60分プラン 130円 400円
日本 120分
プラン
235円 790円
日本 400分
プラン
500円
日本 実質無制限
プラン
690円

それではSkypeと他社のサービスの料金を比較してみましょう。
まずは日本国内の固定電話に通話を発信した場合の料金比較です。
提供会社 プラン 1分 10分 60分 400分
Skype Skypeクレジットプラン*1 13.12円 42.1円 203.1円 1297.9円
Skype 日本 固定電話 60分 130円 130円 130円
Skype 日本 固定電話 400分 500円 500円 500円 500円
携帯電話A社 プランA 42円 420円 2,520円 16,800円
固定電話B社 市内通話料金*2 8.925円 35.7円 178.5円 1,196円
固定電話B社 市外通話料金(20~60km)*3 10.5円 105円 630円 4,200円
*1.Skypeクレジットの料金は1回の通話でそれぞれの分数の通話をした場合の料金になります。
*2.固定電話B社の市内通話料金は昼間の3分間の料金が8.925円です。
*3.固定電話B社の市外通話料金は昼間の1分間の料金が10.5円です。
*上記表はSkype社独自調査によるものです。2012年8月時点の情報です。

まず、携帯電話会A社と比較してみると、日本国内の固定電話に通話を発信する場合は、携帯電話会社のプランにもよりますが、多くの場合Skypeのプランの方が大幅にお得になります。例えば、Skypeクレジットと携帯電話A社のプランAを比較してみると、国内の固定電話に1回の通話で60分通話したとすると、Skypeクレジットの方が、2316円もお得です。Skypeの月額プラン「日本 固定電話 400分プラン」と比較すると、なんと14,280円もお得になります。

Skypeはスマートフォンにも対応しているので、スマートフォンから頻繁に電話をかける人は、スマートフォンにSkypeをインストールしてSkypeOUTを活用すれば、毎月の通話代を大幅に節約できます。

一方、固定電話から通話を発信する場合は、市内通話であれば固定電話B社の方が安いケースもありますが、通話時間が長くなるとSkypeの月額プランの方がお得になります。市外通話であればSkypeの方がとても安くなっています。

次に日本国内の携帯電話に通話を発信した場合の料金です。

提供会社 プラン 1分 10分 60分 120分
Skype Skypeクレジットプラン*1 27.4円 184.9円 1059.9円 2109.9円
Skype 日本 固定・携帯電話 60分 400円 400 円 400 円
Skype 日本 固定・携帯電話 120分 790円 790円 790円 790円
携帯電話A社 プランA 42円 420円 2,520円 5,040円
固定電話B社 区域内*2 31.5円 243円 1,454円 2,908円
*1.Skypeクレジットの料金は1回の通話でそれぞれの分数の通話をした場合の料金になります。
*2.固定電話B社から区域内の携帯電話A社の携帯電話への昼間、10.5円でかけられる通話時間が26秒の場合です。
*上記表はSkype社独自調査によるものです。2012年8月時点の情報です。

このように、日本国内の携帯電話に通話を発信する場合は、Skypeクレジットで通話する場合もお得ですが、月額プランを使った方がさらにお得になります。携帯電話に頻繁に通話をする方は、ぜひSkypeOUTをご利用ください。

いかがでしたか。Skypeはほとんどのケースでお得ということをお分かりいただけましたか。ぜひ一度、Skypeから固定電話や携帯電話に通話をしてみてください。とっても簡単で、通話代も節約できすはずです!

次回はSkypeクレジットと月額プランの使用方法と購入方法についてご案内いたします。

Comments are closed.