Skype Blogs

News, stories, and updates from Skype

Share

Share

ビデオ通話機能でインターネット接続デバイスの次のステージへ

市場調査会社のIMSのリサーチによると、昨年後半で、インターネット接続デバイスの数は50億を突破しました。ちょうど、IMSのアナリストが2020年までに220億台に拡大すると予測した頃です。では、今後増える見込みの約170億台のデバイスは何が違うのでしょうか?答えはビデオ通話機能の搭載です。インターネットに接続できれば、それで十分だとする時代は終焉を迎えました。これからは人と人をつなげるパイプ役としてのデバイスの活用にも、ますます大きな期待が寄せられているのです。

このような流れの中、スカイプは本日、より多くの開発コミュニティーを対象とした「SkypeKit」の提供開始を発表でき、大変嬉しく思っています。SkypeKitは、音声やビデオ通話などのSkypeのサービスを、インターネット接続デバイスで利用できるようにするソフトウェアとAPIのセットです。SkypeKitの利用で、「どこにいてもビデオ通話」という可能性が無限に広がると考えています。新時代のインターネット接続デバイスにおいて、ビデオ通話機能は重要な要素と言えるでしょう。たとえば、家電製品にSkypeKitを採用した場合、多種多様な製品を介して、自宅のキッチンや会議室にいるのと変わらない感覚で、世界中の友人や同僚とシームレスな会話を楽しめます。SkypeKit.png

2010年にSkypeKitのベータ版を公開した背景には、家電分野のさまざまなプラットフォームにおけるSkypeの使用を加速させようという狙いがありました。今回SkypeKitを発表したことで、開発者は、最新の家電製品にSkypeを組み込み、音声やビデオ通話機能の力を最大限に活用することができます。

SkypeKitは、競争を勝ち抜く製品を開発する上で大きなメリットをもたらします。もはやインターネット接続だけでは差別化が困難であり、インターネット・音声・ビデオ通話の3機能を一体化することで、競合他社をリードし、これからの時代を牽引するデバイスになると私たちは認識しています。また、高画質なビデオも、ユーザーを主体とした高度な製品開発において大きく貢献します。

SkypeKitは、幅広いプログラムと開発コミュニティー「Skype Developer」によりサポートされています。同コミュニティーでは、クイック・スタート・ガイドやチュートリアル、活発なサポート・フォーラムなど広範囲にわたり開発パートナー向けのサービスを提供しています。

SkypeKitを利用する開発者は、正式にSkypeに認定され、マーケティング・ツールや販売ツールとしての利用を承認された製品を開発することができます。Skypeを製品に組み込むことで、世界中のSkypeユーザーにアクセスすることができるようになります。

詳細については、こちら(英語)、またはフェイスブック(英語)でご覧ください。

スカイプに関するニュースと最新情報は、ツイッターフェイスブックからもご覧いただけます。

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s